便秘解消で美肌になる

便秘になると、「早く解消したい」と思い、どうしても市販薬などに目がいくことでしょう。

下剤でも使えば、そのときにたまっている古い便は、確かに排出できるかもしれません。さらには浣腸(かんちょう)や座薬だってあります。

が、それでは本当の解決にはなっていません。しばらくたてばまた同じことの繰り返しです。

便の元をたどれば、当然のことながら口から入れた食事です。この食事を改善すればいいことぐらいだれでも実感として持っているでしょう。

で、積極的にとるべきものがいくつかあります。

まずは善玉菌となって、腸内環境を整えるもの。発酵食品であるヨーグルトがこの典型でしょう。

が、この際注意が必要です。口から入れた菌類は腸内に届くまでにたいていが死滅してしまいます。

なので、ヨーグルトなどを選ぶときは、ちゃんと腸内まで生きたまま届くように工夫された商品を選ぶことが必要です。

また、食物繊維を腸内に送ってやることも有効です。食物線が混じっている便は同じ重量でも体積が大きくなります。

これで腸の壁も圧迫され、蠕動(ぜんどう)運動を起こす刺激となるのです。

食物繊維は野菜や果物ならばたいていは含んでいます。が、特に多いものでいうと、野菜ならば、豆類、カボチャ、ゴボウ、セロリ、タケノコなど。果物ならば、イチゴ、ミカン、リンゴ、ナシ、モモなどです。

こういった食材は日本人が伝統的にとってきたものです。つまり、日ごろのメニューを和食寄りにするだけでも、便秘はかなり軽減することでしょう。

関連記事