便秘解消で美肌になる

紫外線はシワの原因

『紫外線はシワの原因』

紫外線といえば、大抵の人は夏には警戒しているでしょう。

日傘をさしたり、帽子をかぶったり。また、衣服でも「UV加工」なんて商品がたくさん出るのも夏が近づいたころです。テレビのCMや通販番組でも、やはり「季節商品」と言った扱いです。

が、これらは人々に誤解を与えているような気がします。市街前対策が必要なのは夏だけではないのです。

たとえば、真冬。この時期でも一年で最も紫外線の大時期の6分の1程度は降り注いでいます。長時間浴びると、お肌にダメージを与える分量です。また、春先ともなると、ぐんと増えてきます。大勢の人はまだまだ無警戒でいる季節でしょう。

また、若い時は日焼けしてもすぐに色があせてしまいます。ダメージなど残っていないように感じるでしょう。

なので、レジャーなどで海や山に出かけ、むしろ誇らしげに日焼けしてきたりします。が、これも実はNGです。

たしかその時は数週間もすれば、すっかり跡形なく日焼けから回復したように見えるでしょう。が、実は見えないところでダメージは残っています。30代40第二なって、それがお肌のハリやツヤのなさとなって現れてしまうことも少なくありません。

つまり、たとえどれだけ若くても、紫外線対策はしっかりとしておかければならないのです。

また、日焼けは何も屋外だけとも限りません。家にいても庭先で日焼けすることもあれば、窓の近くにいて日が差しこめば、それで日焼けすることもあります。

つまりは「紫外線に対する警戒は、ほとんど気を抜いていいような時期はない」といっていいでしょう。

関連記事